宮本塗装工業の思い

振り返れば明治38年から約114年。永く続けさせていただいております。お叱りの言葉も頂戴しなが
ら、時には感謝いただいたりしながらやらせてもらっております。私たちが114年、約1世紀以上続
けさせていただけた理由、それってなんだろうなとふと考えてみました。特別なことをしていた訳ではあり
ません。ただ、当たり前のことを当たり前におこなってきたということだけなんです。

 

当たり前のことを当たり前に

すごく基本的で、でもなかなか続けられないことじゃないかと 私たちは考えます。お客さまは私たちを
信頼してお仕事をご依頼なさいます。そのお客さまに対していかに誠意を持ってお客様の気持ちになっ
て仕事をさせていただくか。その気持ちの持ち方なんじゃないかと私たちは考えるのです。


お客様が願ってることって何だろう

お客様の立場に立ち、私たちが思うことは
・何度も出来るものではないから、しっかり長持ちするように施工してほしい
・かといってあまり高い金額だと出せない
・破格の値段だと手抜きをされるようでどこか安心できない
・もちろん完成度の高い仕上がりを期待したい。
・外壁塗装はしたいが悪徳業者が怖い
などです。このページを見ておられる方も多分同じようなことをお考えだと思うのですがいかがでしょう?


じゃあ。お客様の願いを形にしたらどうだろう。

自分がお客様の立場に立ち思ったことを実践し、さらにご意見をいただく中で研鑽し、より喜んでいただける
お仕事をさせていただこう。そう考えると私たちのやるべきことはおのずと決まってきます。


何度もご依頼いただける商売ではないならこの1回に命を賭けて、
仕事の品質、価格、でお客様にご満足いただこう


この1点です。


そのために私たちはお客様とお約束します

・長持ちするように加工させていただきます。
 >長持ちさせるためには下地の処理が一番大切です。ひび割れにシーリング材をすり込んだり、目地シール
の打ち替えをし、外壁の防水力を回復させることにより、建物の耐久性を向上させます。

・勿論見た目にも美しい最高の仕上がりをご提供します。
>既存の塗膜と新しい塗膜がよく密着するよう下塗り材を塗ります。その上から仕上げ材を中塗り、上塗りと
2回行い、美しい仕上がりがより永く続くよう心がけています。

・説明を大切にします。
>今何の作業をしていて、何のためにやっているのか。私たちは塗装のプロですが、お客様にはわからな
いことがいっぱいです。だから気になる、だから聞きたい。当たり前の感覚です。私たちは施工内容、費用
などについて、お客様のご質問には必ず誠意を持ってお答えします。

・費用、契約は明朗に分かりやすくします。
 >ご自宅を調査させていただき、お見積もりの作成、ご説明まで無料にて行わせていただきます。
その後、むやみに不安をあおったり、無理にご決断を迫るような営業は一切いたしません。
安い出費ではありませんので、ゆっくりとご家族で慎重にご検討ご納得いただいた上で、お任せ
いただけましたらと思います。

どこどこさんはいくらでやるというたが、ミヤペンさんは高いんじゃないんかね

折込広告や、インターネットなど見ていると破格のお値段での施工をなさっておられるところを多く見受けます。
勿論企業努力あっての価格とお見受けしますが、どうでしょうか。
私たちは勿論お客様に喜んでいただける仕事をしたいといつも考えています。それは価格に関しても同じです。

価格は 原価+施工費用+儲け で算出されます。価格が安いということはそのどれかが安いもしくはすべてが
安いという状況でなければありえません。 現在塗装に使われているペンキは一般的なものから多機能なものまで
その範囲はひろく、安いものを使うことは簡単です。しかし、長持ちしません。

長持ちしないということは1回の塗装で保持できる機能が保てず、同じ期間で複数回の塗装が必要になるということです。
これって安いといえるんでしょうか?

施工費用を安くするということは 皆さんお分かりのように職人への給料が削られることに直面してゆきます。
となると、給与の少ない仕事を人はそんなに一生懸命やり続けることができるでしょうか?答えは否だと思います。

勿論儲けについては暴利をつかむ気はありません。賃金、材料からかんがみて、適正な価格をご提示します。
高く感じられるかもしれません。でも一度私たちの思いを聞いてください。ご納得いただける施工と価格をご提示いたします。

ご自宅を調査し、お見積もり作成まで無料で行います。そこから無理にご決断を迫るような行為は、一切いたしません。
安い出費ではございませんので、ゆっくりご家族でお話し合いをされ、もし宜しければご連絡をいただければと思います。